未分類

1/2ページ

コロナ禍におけるセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス

コロナ禍において、家庭内暴力が増えたり、適切な避妊法へのアクセスができない女性が増えていることが報告されています。 FIGO(国際産婦人科連合)は、COVID-19流行中のセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスに関する声明文を2020年3月30日に発表しました。この声明文を、リプロダクティブライツを考えるチームによって翻訳しましたのでご紹介します。 FIGO声明文(原文) “SRH […]

経口の人工妊娠中絶薬の価格

現在、日本では人工妊娠中絶はおもに手術(器械的に子宮の内容物を除去する方法)でおこなわれています。 いっぽうで海外では、内服の薬を使用した人工妊娠中絶が普及しています。最近、日本でも経口の人工妊娠中絶薬の臨床研究の結果が発表され、国内での承認に向かって議論が進んでいます。 2021年4月時点では国内での薬の値段は発表されていません。   今回は、海外での薬の価格についてのレポートを日本語 […]

人工妊娠中絶の薬や遠隔診療について

現在、日本では人工妊娠中絶はおもに手術(器械的に子宮の内容物を除去する方法)でおこなわれています。 いっぽうで海外では、内服の薬を使用した人工妊娠中絶が普及しています。   2021年3月18日に国際産婦人科連合(FIGO)は、遠隔医療での内服薬を使用した人工妊娠中絶は安全であるという声明文を発表し、日本産科婦人科学会のホームページでも紹介されました。 リプロダクティブライツを考えるチー […]

生理が終わってからも出血がある?そんなときは産婦人科へ

毎年、新しく13,600人の方が子宮体がんにかかり、2200人の方が亡くなっています。 子宮体がんは40~60代以上の女性に多く、多くは「子宮内膜」という生理のときに厚くなってはがれ落ちる部分、いわゆる生理が起きる場所から発生するガンです。今回は、子宮体がんについて詳しくご説明します。 90%の子宮体がんの患者さんに不正性器出血があります 生理が起こる場所にガンができるため、症状として ・生理でな […]

子宮頸がん検診は安く受けられる!~20才から2年ごとに受けましょう~

みなさん、最後に子宮頸がん検診(子宮の入り口のがん検診)を受けたのはいつでしょうか? 最近出産された方は、妊婦検診の中で子宮頸がん検診受けているはずですが、多くの方は意識していないとついつい検診を忘れがちです。 日本では毎年1万人もの人が新しく子宮頸がんになり、毎年3000人が子宮頸がんによって亡くなっています。 子宮頸がんは、20才の方でもなる恐れがあり、30~40才の方に多い病気です。 症状が […]

イクメンパパになる10コのコツ

いきなり「お父さん」になったはいいけれど・・・・・ 「ママやパートナーを手伝いたいけど、何をどうしたらいいのか分からない」 そんなお父さんも多いと思います。そんな方に今回はイクメンになるコツをご紹介します。 1番多い誤解は「イクメン=育児をする」というものです。 実はイクメンになるには「育児」だけではありません。 「自分自身のことをちゃんとやる」、「家事をする」のも、とても助かります。 育児だけで […]

妊娠中の食事と体重はどうしたらいいの?

妊娠中は、つわりがあって食べられなかったり、逆にムクミや便秘で、食べてなくても体重が増えてしまったり。 「◯◯は食べてはダメ」と言われたり、、、、とても大変ですね。 妊婦健診でも「◯◯は食べて大丈夫ですか?」「体重増え過ぎですか?」と心配する声がたくさんあります。今回は、妊娠中の食べ物や体重について説明します 妊娠中は「生焼けのお肉や生もの」は注意! 妊娠すると免疫が弱くなるため、妊婦さんはばい菌 […]

妊娠中はポリフェノールやカフェインに気をつけて

妊娠したとき、自分の体やお腹の赤ちゃん、家族のことを思い、毎日の食事や栄養を補うサプリメント、健康食品に関心をもつことは自然なことだと思います。 アレはダメ、コレもダメ、健康食品は何がいいの?バランスのよい食事?!?疑問は星の数ほどでてきますね。 今回は妊娠中の飲み物やサプリメントについて考えたいと思います。 ・妊娠中はアルコールを控えよう ・妊娠したらカフェインの量に気をつけよう ・妊娠28週以 […]

【ライターさん向け】女性ヘルスケア記事を書くときの注意点と5つのコツ

インターネットにはたくさんのヘルスケア情報があり、 なかには間違った記事を読んで症状を悪化させてしまう患者さんに出会うことがあります。 ここでは、医療や健康に関する記事を書くときの注意点やコツについてご紹介します。 女性向けヘルスケア 記事を書くときの5つの注意点 残念ながら下記ような情報が民間療法を中心に広まっています。医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器の効果について間違った情報を流したり、大 […]

梅毒に注意!お母さんからお腹の赤ちゃんにうつる感染症①

妊婦さんから赤ちゃんにバイキンがうつることを「母子感染」といい、下の3つがあります。 ①赤ちゃんがお腹の中で感染する(胎内感染) ②お産の際に感染する(産道感染) ③母乳によって感染する(母乳感染) セックス(性交渉)によってうつる梅毒、HIV、クラミジア、淋菌などの性感染症、 唾液や咳などで感染する風疹など、いろいろなバイキンが赤ちゃんに感染します。 妊娠中にセックスをするときは、コンドームを使 […]